Automotive 自動車

自動車(Automotive) – テクノロジー(Technology)

メーカーは自動ブレーキや事故の可能性を事前に検知して回避するクルーズコントロールなどのドライブアシスト系の技術から段階的に自動運転まで発展させたい目論見があります。自動運転には、技術・法整備・規制緩和などの課題の他にも、もし事故が避けられない状況に陥った際に、ドライバーと通行人のどちらを優先して守るのかという倫理的な課題もあります。遊休資産の有効活用を図るシェアリングエコノミーは海外サービスの攻勢によって注目が高まりましたが、共有対象のなかでも自動車の割合は大きいです。会員間で自動車を共有し利用できるカーシェアリングと、移動手段を探している人と自動車の所有者・運転者をマッチングするライドシェアリング(相乗り)があります。他には、自動車とインターネットがつながることによって様々な付加価値を提供するコネクテッドカーも注目されています。

市場動向

自動車産業は日本を牽引する産業の一つです。拡大する海外需要に対しては地産地消化が進んでおり、結果として国内生産が減少する傾向にあります。イノベーションを引き起こす要因としては、環境問題へのパワートレーンの多様化、自動車への知能化やIoT化の発展、消費者のニーズの変化に伴うシェアリングサービスの加速などがあげられますが、ビッグデータ・AI・IoTなどトレンドの活用による新たな付加価値を獲得する可能性があります。国内においては、新しい産業創出の後押しの一つとして、モビリティに関する実証実験や国家戦略特区の指定を実施しています。自動車を所有することから共有することへと認識が変わり、社会問題を解決しユーザーにとって便利なサービスが定着することが期待されます。