Food

食(Food) – テクノロジー(Technology)

様々な産業とテクノロジーの融合が進んでいますが、衣食住は絶対に無くならない産業であり、それぞれの比重は違えど私たちの生活においては必要不可欠なものです。主には、IoTやドローンや農業・漁業・酪農・畜産などの第一次産業分野、周辺の店舗で販売されている食や買い物代行などのデリバリー分野、地球や身体にやさしい植物性のクリーンフードや肉や野菜を摂取しなくても生きていける完全栄養食などのリプレイスメント分野、レストランの既存POSシステムだけでなく、専用のタブレット・アプリを活用した予約・注文・決済を管理する業務改善分野など、様々に挙げられます。食を支える農業従事者の減少、世界的な食糧危機、環境破壊とエネルギーの問題。これらを解決できるテクノロジーとして注目されています。

市場動向

国内では農業へのテクノロジー活用による効率化が注目を浴びる一方で、農業生産者の人材不足と高齢化に直面しています。テクノロジーが実現する最適化は様々あります。作業履歴・収量・気象データなどのビッグデータを活用したレコメンドなどによる農作業のデジタル化。センサー・衛星を利用したリモートセンシングやドローン遠隔作業などによる遠隔の監視や作業。GPSをつかった農機の自動運転などによる作業の自動化。アシストスーツ・ロボットの利用などによる作業負荷の軽減。農業クラウドのノウハウ蓄積やスマートフォンの農作業指示・作業履歴の記録などによるノウハウの見える化などがあります。各国の国土や食習慣にあわせて、高品質な作物を生産するノウハウをテクノロジーを導入してパッケージ化できれば、社会のインフラツールとして輸出できる可能性を秘めています。