Retail 小売り

小売(Retail) – テクノロジー(Technology)

テクノロジーによる小売・流通の変革です。物流は配送にかかる時間が減り、決済は手間と手数料が減り、商品選択は情報が個別化されることによって選択する機会が減るとの見方があります。売り上げを向上させるだけでなく、コストを削減する観点からも様々なサービスの潮流があります。ネットだけではなくリアル店舗で購入した商品を当日配送するサービス、買い物代行や即配のサービス、オンラインやオフラインの購買データを管理するプラットフォーム、iPadを活用したPOSシステム、スマートフォンで読み取った商品を購入できるサービスなど。消費者にとっての利便性を高め、事業体にとって収益性を高めるための手段がテクノロジーによって増えつつあります。

市場動向

モバイルを含めたインターネット経由で一般消費者向け商品・サービスを販売する市場は成長し続けており、今後の市場拡大も期待できます。購買経路がパソコンやスマートフォンへと急激に移行しており、時間や場所を問わずにECを利用できるようになったことに起因しており、商品種別やターゲット顧客によっては、スマートフォンを中心とした導線作りが必須です。国内のみならず海外市場の取り込み、訪日外国人の増加による消費の喚起や越境ECの促進、インターネットオークションやシェアリングエコノミーに代表されるC2C ECではトラブル防止のための運営側のフォロー、オムにチャネルではECと店舗の在り方やサプライチェーンの在り方など。課題解決による伸びしろが期待できます。