Human Resource 人材

人材(HumanResource) – テクノロジー(Technology)

HRは定性的な情報の運用やそれらを使った感覚的な意思決定がなされることの多い領域でしたが、クラウド・ビッグデータ解析・AI・IoT・ディープラーニングなど最先端のテクノロジーを取り入れることにより、人材採用・適材の発掘・適正配置・計画的な育成や評価・優秀人材のリテンションなどといった幅広い人事機能を戦略的に再構築し、企業を持続的に成長させる一躍を担います。また、入退社や保険などの労務管理においてもテクノロジーが様々な業務改善を図る動きがあります。人手不足が深刻な社会問題になりつつあり、社員一人ひとりの生産性をどれだけ高められるかは各社にとって重要な課題です。そのための見える化や意思決定をしやすい環境整備への貢献が期待されます。

市場動向

海外では多くのスタートアップが市場に参入しており投資額も増えています。多様な国々から移民が入ってきているという背景からもHRにテクノロジーを融合させる潮流があり、人材の活用や組織の運営に対しては科学されてきました。一方の国内では同一性が強く、終身雇用や年功序列をベースとした人事の仕組みが多くあり、よって、新しくてシステマチックな仕組みは浸透しにくい傾向がありました。しかしながら、少子高齢・人口減少による働き手不足や生産性の向上などの課題に直面するため、自社のブランド力を高めながら、必要とする人材要件を定義し、膨大な情報に対して様々なテクノロジーを駆使して積極的にアプローチするという重要性は高まっています。