GameWith様 キーパーソンインタビュー

理念・ビジョンについて

当社は「ゲームをより楽しめる世界を創る」を理念に掲げています。ゲームユーザー、ゲーム会社それぞれにとって必要なものを考えて、両者の間に立って価値をもたらすサービスや機能を提供しています。創業当時は攻略情報サービスが主力でしたが、その後ゲームを探しにくるユーザーへ情報を提供するゲームレビューサービス、ゲームユーザー同士で交流できるコミュニティサービス、そして専属のゲーム実況者がYouTubeで動画を配信するサービスをリリースしてきました。最終的にはゲーム業界のインフラを目指し、ゲームをする時にGameWithがないと楽しめない、GameWithがないと不便だよねって言ってもらえるような存在になることが、私たちの究極の目標です。

690.株式会社GameWith様[07]【トピックス詳細】記事画像上1

サービス特徴について

GameWithではゲーム攻略、ゲームレビュー、コミュニティ、動画配信と4事業を運営しています。それぞれに競合サービスが存在していますが、逆にこの4事業を1つの会社で運営しているのは現状GameWithだけであり、これが最大の差別化であり特徴です。ゲーム攻略については取り扱っているゲームタイトルにおける上位0.1%未満のプレイヤーを自社サービス上で採用し教育する仕組みを保有しており、正確かつ迅速なコンテンツ供給を実現しています。ゲームレビューについても、元々ゲームを制作していた人間や深い知識とスキルを持つ社員が質の高いコンテンツを作成しています。また、自社でスタジオと動画編集スタッフも抱えており、映像によるゲーム紹介も自社完結できるところが特徴です。動画配信では、GameWithのトラフィックを活かし自社でゲーム実況タレントを育成しており、高確率で人気配信者にするメソッドも確立しています。直近の1年間では、複数組の実況者をゼロから育成して数万、数十万のチャンネル登録まで成長させてきました。最後にコミュニティについてですが、ゲーマー同士で交流ができるコミュニティ機能を提供しています。共通のゲームユーザーを繋げることでゲームへの熱量を向上させると共に、「周りがそのゲームをやっておらず話題にできないとゲームをやる気がなくなる」というゲーム会社さんが抱える課題も解決できるサービスにしていきたいと思っています。

690.株式会社GameWith様[08]【トピックス詳細】記事画像上2

求める人物像について

成功体験に捉われず、失敗体験から学べる人が良いです。この業界は流れが早いので去年と今年では前提となる環境が変わっています。1年前と同じ発想では戦えないし、過去にこの方法で成功したからと言って今回も成功することは絶対にありません。そのため過去の成功体験を捨ててゼロベースでうまくいく方法を考えられる人が必要だと考えています。当然新しい取り組みについてはうまくいかない場合もあるので、失敗も糧にして次に進める人、長期的には楽観的に考えられる人が大事ですね。また、なんとなくチャレンジして成功した、失敗したというのではなく、なぜ成功したのか、なぜ失敗したのかと常に考えられる人が良いです。

690.株式会社GameWith様[09]【トピックス詳細】記事画像上3

ヴィジョナリーへのメッセージ

ゲームが好きな人にとって、ゲームに関わる仕事といえば今まではゲームを作ることが主な仕事だったと思います。私たちはGameWithというサービスを通じて、ゲーム攻略ライターという職種を作り上げてきました。さらに近い将来、ゲーム実況をはじめとしてゲームが得意な人の知識やスキルを必要とする職業が数多く出てくると考えています。私たちは、ゲームをプレイすることが得意な人や好きな人にスポットライトが当たる今までにない世界を作ろうとしています。私たちのこの考えに共感しワクワクしていただける優秀な方、チャレンジ精神が旺盛な方をご紹介していただきたいですし、我々と同じ目線で次のGameWithを引っ張る方をヴィジョナリーさんと一緒に探していきたいです。

690.株式会社GameWith様[10]【トピックス詳細】記事画像上4株式会社GameWith
取締役 COO 広告事業部長 眞壁 雅彦 様 (写真左)