gumi様 キーパーソンインタビュー

理念・ビジョンについて

「情報革命時代を代表する、 世界No.1エンターテイメント企業になる。」を理念とし、主にモバイルオンラインゲームの開発・運営を行っています。ビジョンとしては大きく3つあり、1つは国内でのディベロッパーとしての地位の確立です。そのためにはお客様に喜んでもらえる、楽しんでもらえるゲーム開発を通してヒットタイトルの創出、有力IPの獲得、優秀な人材の確保等に力を入れていく必要があると感じています。もう1つは海外事業の更なる拡大です。海外拠点も複数有していますので、国内ヒットタイトルの海外配信や海外拠点での地産地消によるヒットタイトルの創出、海外での有力IPの獲得に注力していきたいと考えています。そして、もう1つは新規領域への挑戦です。今後、ゲーム領域以外でのIPの創出やVRゲームの開発に力を入れていきます。まだこれからではありますが、VRが今後市場に認められてきた時に優位な地位を確立していることを目指し、先行投資で準備をしています。

207.株式会社gumi様[07]【トピックス詳細】記事画像上1

サービス特徴について

1番大きな特徴として、弊社ではスタジオ制でゲームを開発しています。「Studio gg2」はオリジナルタイトルの開発に注力し、「Studio Weiss」はオリジナルタイトル及び他社IPを用いたゲームの開発、「Studio CORE:」ではオリジナルタイトルに加え、海外展開やパブリッシングを行っています。もともとは職種ごとに部署を区切っていましたが、要因分析が難しい点や競争心を高めていきたいという点でスタジオ制に大きく舵を切りました。スタジオ制になったことにより、スタジオの中に全職種のメンバーがいるのでチームとしての一体感も生まれますし、各スタジオに良い意味での競争心が芽生えてきています。どのスタジオでもイラスト周りや演出などに関しては細部にまで「クオリティ」にこだわっています。その結果複数のタイトルが安定してランキング上位に入っていますので、今後も「クオリティ」にはこだわり続けたいですね。

207.株式会社gumi様[08]【トピックス詳細】記事画像上2

求める人物像について

一貫してチャレンジングな人、挑戦し続けることが出来る人を求めています。行動指針の1つに「First to Try, First to Fail, First to Recover」を掲げていて、それは社内にも浸透しています。「誰よりも早く挑戦し、失敗し、そして復活する」という意味ですが、次に繋がる挑戦をした上で「失敗すること」も良しとしているところが面白いなと私も感じています。慎重に行動することも勿論大切ですが、確実に出来るという状況になってから行動するのではすでに遅く、誰かに抜かれてしまう。見込みでも良いので出来るという可能性と自信があればどんどん挑戦をして欲しいです。現状維持は停滞だと思っているので、現状に満足せず、何事にも前向きに取り組み続けられる方と一緒に働きたいです。

207.株式会社gumi様[09]【トピックス詳細】記事画像上3

ヴィジョナリーへのメッセージ

ヴィジョナリーさんは紹介数も、内定数も多いですし、他エージェントさんよりもぐいぐいくる印象です。面接の前によく電話がかかってくるので、どの候補者様にも本気で向き合われているんだなと感じています。さらに今後も密に連携を取って、弊社の特徴的なスタジオ制も理解していただいた上で、同じ温度感で候補者様にもお話ししていただきたいです。選考も現時点では積極的にいろんな方とお会いしたいと考えているので引き続きたくさんのご紹介をお待ちしています。

207.株式会社gumi様[10]【トピックス詳細】記事画像上4株式会社gumi
HR Manager 橋本 正志 様 (写真左)