人事担当者の悩みをマルッと解決!その①

人事担当者って使命って?!

「人事」と一言で言ってもその役割は多種多様。
正解のない業務の中で日々奮闘されている方も多いのではないでしょうか。

特に、人事採用担当者は

「なかなかいい人材が獲得できない」
「もっと効率的な採用手法はないのか」
「面接の見極めポイントはどこだろう」

といった悩みを抱えている方もいらっしゃるのでは。

そこで、今回から数回に亘って
人事担当者に求められている役割について解説していきます。
そして、人事採用担当者が高付加価値の戦略を打ち出せるような
ノウハウをご紹介していきます。

企業における人事の役割とは

母集団形成や採用手法、選考の歩留り改善といった採用にまつわる課題を
解決するための大前提として、人事担当者は自身の役割を
キチンと理解していなければなりません。

企業活動における人事の役割とは、ズバリ

「人という経営資源の確保から活用に関わる全てを考え、実践し、
企業の目指す姿(企業理念やビジョン)の達成に貢献すること」

人事担当者の皆さまは、自分の会社の目指す姿(企業理念やビジョン)を理解していますか?
思い出せないという方、今一度自身の会社のビジョンや企業理念を振り返ってみましょう。

人事に求められる役割

企業の目指す姿を「人」という経営資源から考える人事の使命は大きく4つです。

1.人を確保する(人材採用)
主に「人員計画を作成」し、「採用活動」を行うことです。
採用担当者に求められる役割は主にこの人材確保にあたります。
採用担当者は、企業の目指す姿の達成に見合った人を獲得するのが主たるお仕事です。

2.人を効果的に活用する(人材開発)
経営資源である「人」を最大限に活用するために、
「人事制度を設計」して運用することや、
「昇進・昇格」「異動・配置転換」を行うことも人事の役割です。

3.社員の能力を開発する(組織制度)
「人」を活かして会社が成長していくためには教育が必要です。
能力開発の為に「評価制度を設計」して運用することや、
「育成計画」を立てて実行し、必要に応じて
「教育研修」を実施することで社員の成長を促します。

4.社員が働く条件を整備する(組織風土)
社員を鼓舞してパフォーマンスを発揮させるための環境作りも大切です。
「給与報酬」や「社会保険」、「福利厚生」の管理や運用、
「労働環境の整備」といった事柄も重要な役割です。

まとめると、人事とは現在の企業の姿を把握し、
内的・外的環境からの要望を照らし合わせて
人事制度、採用活動、教育研修、労働条件の改善によって、
企業の目指す姿の達成に貢献していくことが使命だといえるでしょう。
キャプチャ

お困りの際はお気軽にお問い合わせください!

今回は人事の前提に立ち返って、求められている役割をご紹介しました。
これからも人事担当者の立場から採用を理解し、
人事が抱える悩みを解決していけるような施策をご紹介していきます。

人事担当者としてお困りのことがございましたら
いつでもお気軽にご相談ください!

・効果的な採用手法はないか?
・面接時のチェックポイントは?
・業界や職種ごとの市況感は?
・良い応募者を惹きつける為には?

このような採用に関してのお悩みにもお力添えいたします。