DeNA Games Tokyo様 キーパーソンインタビュー

理念・ビジョンについて

当社のサービスはゲームの運用です。ゲームと言いましても携帯ゲームを担当しておりまして、携帯ゲームというのはリリースしてから何年も何年も運用するものなのですが、その「運用」という部分に着目しています。運用では、ユーザー様にはどのようなニーズがあるかや、どのようなニーズが創り出せるのかというところを日々考えて取り組んでいます。理念は「ゲームの力で人々を幸せに」です。私たちのサービスの認知はまだまだこれからという段階ですが、ゲームの面白さのポテンシャルをきちんと引き出せているのかを自問自答しながら、そのゲームが持っている力を最大限に活用し、ユーザー様にとって面白いゲーム体験を実現していきたいと考えています。

635.株式会社DeNA Games Tokyo様[07]【トピックス詳細】記事画像上1_w1280×h880

サービス特徴について

これまでのブラウザタイトルに加えてアプリタイトルも運用し始めています。私たちの運用は、ユーザー視点で、どのように遊んで楽しんでもらうかをいつも中心にしています。さらにそのユーザー様が「こういう機能が欲しいよ」とあれば、もちろん開発も辞さないような感じですね。なので、運用には粛々とゲームを回し続けているだけのイメージがあるかもしれませんが、機能ごと開発することも有り得ます。もちろん、利益を出すためにどのようにコストを削減するかということも大切ですが、私たちはどのように面白さ体験を生み出せるのかというところを重視しています。

635.株式会社DeNA Games Tokyo様[08]【トピックス詳細】記事画像上2_w1280×h880

求める人物像について

ユーザー様の飽きがこないようにサービスを提供し続けることは運用の醍醐味で、ユーザー様が何に困っているのか、どうすればもっとより良くなるかということに頭を悩ますことができる人が向いています。ゲーム未経験の方には、私自身の経験を元に、未経験だからできないではなく、サービスマインドの持ち方・ゲームに対する様々な考え方やロジックの立て方など…、DeNAでは細部にわたって基礎から習得してチャレンジできる環境があることをお勧めしています。また、過去の施策が上手くいったから拘り続ける…という考えではなく、過去の施策は上手くいったけれども、次はどうすればもっと良くなるのかをゼロベースで考える。これまでの経験に拘るよりも、これからはどうすればもっと良くできるのかとわくわくできるような人を求めています。私は代表という立場でありますが、「フラットな会社」にしようといつも発信しており、周囲からは積極的に意見してもらいます。私が結果を予測して決めるのではなく、私自身の考えも交えながら周囲の考えも一生懸命に聞くようなフラットな姿勢を大切にしています。

635.株式会社DeNA Games Tokyo様[09]【トピックス詳細】記事画像上3_w1280×h880

ヴィジョナリーへのメッセージ

直近の採用決定はKさんですね。ヴィジョナリーさんとは、これからも協力体制を強めたいと考えております。ゲームに特化していただいているという強みは、やはり相性が良いです。ゲームそのものの開発が注目されがちですが、ゲームの運用の醍醐味や面白さを十分にお伝えしますので、引き続き、見合った人をご紹介ください。

635.株式会社DeNA Games Tokyo様[10]【トピックス詳細】記事画像上4_w1280×h880株式会社 DeNA Games Tokyo
代表取締役社長 井口 徹也 様 (写真右)