KLab様 キーパーソンインタビュー

理念・ビジョンについて

当社は創業以来「モバイル×インターネット」を事業ドメインにしています。それぞれの変化・進化に応じて、常に挑戦し続け、常に挑戦によって成長し続けた結果として、会社が変革をし続けています。私たちが掲げるビジョン「世界と自分をわくわくさせろ」には、自分たちがわくわくすることによって、結果的に私たちが提供できるサービスや価値はわくわくできるものになるということと、日本国内だけではなくグローバルに実現したいという意図があります。中長期的には3つの事業軸でビジョンを実現します。1つ目はこれまでの内製によるゲームアプリの開発運営です。2つ目は内製ではなく外部の会社さんが開発されたゲームアプリを当社からリリースしていくパブリッシング。3つ目は安定収益も見込める非ゲームの新規事業です。

7.KLab株式会社様[07]【トピックス詳細】記事画像上1_w1280×h880

 サービス特徴について

当社は挑戦していく文化がある一方で、失敗からどんどん学んでいく文化もあります。グローバルに攻めていくなかで、海外のビッグIPを活用させていただいたもののヒットしなかったことがありました。失敗からも次につながるノウハウを必ず蓄積し、日本国内で愛されているIPを活用させていただく場合には、そのノウハウを活かしてクオリティが高いものを作ればしっかりと遊んでいただける。そして、日本国内で幅広く受け入れられたものを海外に輸出するパターンであれば、海外でも遊んでいただけるという実績ができました。当社がこれまでやってきたなかで良いカタチだと学んでいます。

7.KLab株式会社様[07]【トピックス詳細】記事画像上2_w1280×h880

求める人物像について

環境の進化や変化に応じて、当社としてもそれに対して常にチャレンジをし、チャレンジをすることによって成長し、結果として変革しているというような文化があります。やはりいろんなことにチャレンジして、成長して、自分自信も変革していけるような方と中長期的なビジョンを一緒に体現したいと考えています。

7.KLab株式会社様[07]【トピックス詳細】記事画像上3_w1280×h880

ヴィジョナリーへのメッセージ

ヴィジョナリーさんは、ご推薦してくださる候補者様の人数もさることながら、内定数もダントツで決めていただいています。正直、今の当社にとっては欠かせないエージェントさんですし、期待感や安心感をいただいています。ヴィジョナリーさんがご推薦してださる候補者様なら採用させていただくことができるのではという感じです。

7.KLab株式会社様[07]【トピックス詳細】記事画像上4_w1280×h880KLab株式会社
執行役員 人事部 部長 天羽 公平 様 (写真右)