KDDIコマースフォワード様 キーパーソンインタビュー

理念・ビジョンについて

お買い物体験の前後にもカスタマーエクスペリエンスがあります。欲しい物をただ単純に手に取ることだけではなく、手に取った後の利用シーンやそれを贈った時の相手の喜び。欲しい物を見つけたり、その用途を学んだ時の自分の内面への気付き。生活に新しい付加価値をデザインすることを考えており、そんなマーケットを創っていきます。私たちは単純な売り手ではないBtoBtoCの業態であり、モールに出店される多くの店舗様と一緒にマーケットを創っていく「共創」のスタンスを大事にしています。お客様のお買い物体験へのコミットは、サービス名であるWowma!のWowに込められています。お客様の予想や想像を良い意味で裏切ることが驚きや感動につながり、そのようなお買い物体験をどんどんと提供し続ける。それは、物やお店でも、色々なテクノロジーに牽引されたサービスでも、ある時は販促や企画でも提供させていただきたい。そして、事業や会社は人から成り立ちますので、お客様に対する高い付加価値の提供を体現するための仲間集めは私の一番のミッションとして取り組んでいます。今の時代は変化のスピードが非常に速くなっており専門化されています。だからこそ、少数ではなく、それぞれのスペシャリティがあるメンバーたちが1つの目的に向かってビジョンを合わせ、チームワークでコトに向かっていく。そういう取り組み方、アプローチを大事にしています。

788.KDDIコマースフォワード株式会社様[07]【トピックス詳細】記事画像上1_w1280×h880

サービス特徴について

たくさんありますが、まずは社名の中の「フォワード」。eコマースの世界を前に進める、最前線で変革を起こすという想いが込められており、私たちならではの価値観です。そして、多くのメンバーはDeNAから転籍してきていますので、ベンチャー的というかジブンゴトとして、コトに向かってどんどんとチャレンジをしていく。変化や進化を楽しみながらチャレンジしていくことが私は心地が良く、そんなメンバーがいて、でも200名強の規模感があって、かつKDDIグループのバックボーンがある。auキャリアは4000万人近いお客様がいらっしゃいますが、真正面からベンチャーと掛け合わせてみるというステージにあり、そのような会社はほとんど類を見ないので、そのステージにいる私たちには醍醐味というか面白さがあります。Wowma!があらゆるお客様に想起され、お客様の選択肢と出会える可能性があるという期待感を持って来ていただく。そんな立ち位置を目指します。

788.KDDIコマースフォワード株式会社様[08]【トピックス詳細】記事画像上2_w1280×h880

求める人物像について

コトに愚直に向き合える人として誠実な人です。人として信頼できること、仲間としてリスペクトできることは大事にしており、誠実な人に集まっていただきたいです。あらゆるスペシャリティをもった仲間が集まっていますが、どんな人とどんな仕事をするかという組織のカルチャーや雰囲気によって良くも悪くも「知の化学反応」は起きます。人と人が本気で何かに向かっていて、それぞれのスペシャリティを持っているとぶつかることはある。それぞれ経験も違えば得意領域も違うし、パフォーマンスも違うなかで本気でぶつかりあうことによって熱が生まれ、色々な掛け合わせがあってもベクトルは間違いなくある提供価値に向けて突き進んでいくという環境があります。また、女性のお客様が多いため、女性の消費者に近い目線でサービスをつくっていくことは大切であり、そのために子育てをしながら活躍している方もいらっしゃいます。

788.KDDIコマースフォワード株式会社様[09]【トピックス詳細】記事画像上3_w1280×h880

ヴィジョナリーへのメッセージ

ヴィジョナリーという社名にも体現されているのかもしれませんが、どこを目指すのか、何を体現していきたいのかというビジョンを、自分の言葉で心の底から言える人こそが想いを共有できる人だと考えており、そのような方のご紹介は引き続き大歓迎です。色んなスペシャリティをお持ちの方々を中心に仲間集めの応援になるようなお手伝いをお願いします。

788.KDDIコマースフォワード株式会社様[10]【トピックス詳細】記事画像上4_w1280×h880KDDIコマースフォワード株式会社
代表取締役社長 八津川 博史 様 (写真右)