エヌ・シー・ジャパン様 キーパーソンインタビュー

理念・ビジョンについて

「人と人とをゲームでつなぐ」ということを大切にしています。例えば、弊社のプロダクトに『リネージュ』というPCのタイトルがあります。こちらは、サービス開始から今年で16年目を迎え、盛衰の激しいオンラインゲームの中で長い間ユーザーの皆さまから愛され続けております。常にゲームとして高いクオリティを追及し続けているという理由もありますが、それ以上に、ユーザー間でのコミュニケーションが盛り上がる仕組みに注力したり、ユーザーと運営との距離の近さを意識したり、つまり、「人と人とのつながり」を大切にしている結果だと思います。今後のビジョンとしては、リネージュを始めとしたPCタイトルは引き続き注力していきつつも、次のフィールドとして、スマホのゲーム市場においても同様、あるいはそれを超える楽しみを提供していきたいと思っています。その為に去年、LIONSHIP STUDIOというスマホのゲーム開発に特化したスタジオを立ち上げました。2020年東京オリンピックという大きなエンターテイメントチャンスに向けても世の中に楽しい流れを注ぎ込むべく、今年から毎年、ゲームリリースしていく計画です。新設されたスタジオで、私達と志を共にチャレンジしてくれる同志をお待ちしております。

214.エヌ・シー・ジャパン株式会社様[07]【トピックス詳細】記事画像上1(リサイズ前元ネタ)new_w1280×h880

サービス特徴について

リネージュのように、「長く愛され続けるタイトル」を作ることを目標としています。スマホのゲーム開発においても同様で、世間の流行に合わせ刹那的なトレンド作りをするのではなく、10年後も愛され続けるようなオリジナリティのあるIPを生み出すことを目指しています。もちろんそこには、人と人とが楽しくつながれる“スマホならではの仕組み”の発明も必要だと思っています。ゲームのみを作るのではなく、ゲームを含めた周辺環境ごと作っていく…、そういった考えに共感できる方に、ぜひ仲間に加わって欲しいです。

214.エヌ・シー・ジャパン株式会社様[08]【トピックス詳細】記事画像上2_w1280×h880

求める人物像について

LIONSHIP STUDIOは新しいスタジオです。故に、まだまだ発展途上です。一例をあげると、オフィス。ひと通り働きやすい環境は整備しましたが、しかし、エンターテインメントを生み出す会社として面白みが充分かというと、まだやれることはたくさんあると思っています。例えば、チームメンバーのモチベーションを高めるため出社するだけでテンションがあがるような楽しい装飾を施す…、とか、ゲームの楽しさをより深く理解するために皆でゲーム大会をする…、といような取り組みも良いかもしれません。ユーザーを楽しませることはもちろん、まずは自分自身が、あるいはチームの皆が楽しめるようにしよう!…そういった考えでもって何でも前向きに取り組んでくれる方を歓迎します。途上である分、チャンスも多いので、チャレンジ精神旺盛な方ほど、楽しんで働いていただけると思います。

214.エヌ・シー・ジャパン株式会社様[09]【トピックス詳細】記事画像上3_w1280×h880

ヴィジョナリーへのメッセージ

ヴィジョナリーさんはゲーム系に特化したスペシャリストとして有名で、これまでにも非常に良い方をご紹介いただいています。弊社も「人と人とがつながる」ゲームづくりのスペシャリストとして頑張っていくので、共にゲーム業界を盛り上げていければと思います。

214.エヌ・シー・ジャパン株式会社様[10]【トピックス詳細】記事画像上4_w1280×h880エヌ・シー・ジャパン株式会社
開発統括本部長/Senior manager/Producer 小川 陽二郎 様 (写真左から2番目)
Producer/Director 鈴田 健 様 (写真左から3番目)