ディー・エヌ・エー様 キーパーソンインタビュー

理念・ビジョンについて

歴史に名を刻むようなゲームをマーケットに投じたい——。私たちDeNAには、みなさまに支持され記憶に残るゲームを、真面目に、実直に作りたいという想いがあります。振り返れば、私自身はコンシューマーゲーム会社出身で、DeNAの怪盗ロワイヤルはそこからは生まれない発想だと思いました。しかしこのトレンドがソーシャルゲームという新しいマーケットに繋がりました。これからもコミュニケーションやソーシャルの新しい在り方を模索しながら、私たちらしいゲームをマーケットに投じていきたいと思っています。昨今、マーケットで求められるクオリティは上昇していますから、コンシューマーゲームのような重厚なコンテンツへの挑戦はもちろんのことです。しかしそれだけでなく、新たなマーケットを切り拓くという覚悟と向上心で歩まねばらならないと考えています。私たちは数あるIT事業のひとつとしてゲーム事業を展開するというスタンスでやっていますが、それはゲーム作りに限ることなく、サービスを含めて新しいものを作っていきたいという強い想いからです。

188.株式会社ディー・エヌ・エー様[07]【トピックス詳細】記事画像上1_w1280×h880

サービス特徴について

みなさまからDeNAがどのように見られているかを考えると、他社さまのIPを使わせていただくタイトルに携わっている印象が強いと思いますが、オセロニアやデュエルエクスマキナなどのオリジナルタイトルも展開しており、協業タイトルも含めて、ここ1~2年はオリジナリティをどう生み出すかに取り組み、勝負していきたいという考えです。運用では、みなさまにどういうアプローチをすれば満足してもらえるのかを主にしっかり取り組み、長く遊んでもらえるタイトルを目指しています。リリースの瞬間だけでなく、きちんと改修を続け安定的に運用をしていくことで、徐々に積み上げて大きなタイトルにしていく。私たちのこうした経験値は強みであり、ユーザー満足度と成果を両立するコンテンツ運用力、そしてマネタイズの分析観点や知見に対して一定以上の評価をいただいています。

188.株式会社ディー・エヌ・エー様[08]【トピックス詳細】記事画像上2_w1280×h880

求める人物像について

私たちゲーム事業部と同じように本気でゲーム事業に取り組んでくれる、ゲーム開発やモノづくりに高い熱量を持っている方たちと一緒に働きたいと願っています。そして組織に対しとがったところのある方、ここは誰にも負けませんということを明確に言える方にいて欲しいと考えています。これは私から組織全体に発信していることでもありますが、例えば成績がオール4の方たちが集まっても平均4の円にしかなりませんが、2がある方でも他に10があるなら補えます。そして、ここだけは誰にも負けない自信がありますと言える方たちで集まり補完し合う方が、より大きい円が描けます。つまり歴史に名を刻むゲームを作ることができると考えています。そのとがったところを持つ方たちの集まりが、私の理想です。

188.株式会社ディー・エヌ・エー様[09]【トピックス詳細】記事画像上3_2_w1280×h880

ヴィジョナリーへのメッセージ

これは人事からヴィジョナリーさんへのメッセージですが、きめ細かいサポート、スピード感あるコミュニケーションには毎回非常に助けられています。候補者さまのキャリアに寄り添い、責任感を持って進めてくださっており、採用を進めるパートナーとして安心してやりとりさせていただいています。

188.株式会社ディー・エヌ・エー様[10]【トピックス詳細】記事画像上4_w1280×h880株式会社ディー・エヌ・エー
Japanリージョンゲーム事業本部 第一開発部 企画第三グループ
グループマネージャー 異儀田 諭 様 (写真左)