enish様 スペシャルトーク

株式会社enish 取締役執行役員 プロダクト本部長 公文善之様(写真右)と、執行役員 CTO / PMO室長 川平一人様(写真左)に「求める人物像」や「エンジニア採用」についてお話しいただきました。

4.株式会社enish様[02]【VI撮影画像データ】028_w1280×h880

― まずは理念をお聞かせください。

公文様 : 社内の色々な場所にスローガン[Link with Fun]を掲げて事業を展開しています。楽しいことで、色んな人やサービスや会社やお客様とつながっていけばいいねという意味合いです。enishという会社名も縁(えん、えにし)が由来です。縁は人と人のつながり。モバイルゲームのみならず、人と人やサービスと人をつなぐ会社にしたいという想いが込められています。代表の安徳と私の2名で設立した会社で、2人ともエンジニア出身ですが、エンジニアリングだけでなく、ビジネスや企画にも口を出すタイプのクリエイターでした。クリエイターの皆が作ったものをお客様に直接届けることを大切にできる環境を整備しています。

― 今後の展開はいかがでしょうか?

公文様 :女性に支持されるゲーム作りが得意だという特徴を活かして、女性にフォーカスしたゲーム以外のサービスも立ち上げて展開しています。「クリエイター」と言っても単に思いつきのアイデアをだすだけではありません。会社として大事にしているのは、ものづくりへのこだわりです。アイデアは周囲に説明できるカタチへ、カタチは周囲の支援や協力をもって大きなプロダクトへ、そしてプロダクトを世の中へと提供していきます。そのためには上司の承認を得ることなどに目を向けるのではなく、お客様にとってより良いサービスを提供するためにはどうすれば良いかという視点で考えて欲しいです。安徳や私はみんなと一緒に席を並べて座っていますし、組織には多くの階層を設けず、自分の範疇にとどまらない自由な意見を交換できるようにしています。

4.株式会社enish様[02]【VI撮影画像データ】002_w1280×h880

― フラットな組織ですね。一緒に働きたい方とは?

公文様 : ものづくりは、細部までこだわり抜き、それを楽しみ、信念を持って作ることが大事です。仲間と切磋琢磨しながらどこまでも成長し続けること、品質にこだわり続けることを楽しめる方と一緒に仕事をしたいですね。あとは、職種や上司部下に関係なく自分の意見をちゃんと言う社風に共感してもらえる方です。

― 川平さんの管掌をお聞かせください。

川平様 : エンジニアは30名ほど在籍していますが、働き方はフレキシブルです。構成はゲーム作りの経験が豊富なサーバーサイドとクライアントサイドがバランス良く在籍しています。

4.株式会社enish様[02]【VI撮影画像データ】065_w1280×h880

― 開発の特徴はいかがでしょうか?

川平様 : 現場に裁量があります。創業から技術的なノウハウは蓄積していますが、新しいトレンドを取り入れるためにも定期的に環境をリセットしています。現場がやりやすくてやってみたいことにはどんどんトライするよう発信しており、それをみんなで実践しています。技術的な基盤を強くするためにマネジメント層の育成には力を入れています。ウォーターフォールとアジャイルの双方の融合で、徹底的なレビューを繰り返していく型通りの開発と、KPIを計測して評価していく現場に合わせた開発とのバランスをとりつつ、エンジニアだけではなくアートや企画職との業務の最適化も図っています。なかでも、エンジニアはサーバーとクライアントの両サイドの技術を習得したり、企画にも参加するなど、効率だけを重視せずに全体的な成長を促進しています。

― 求める人物像とは?

川平様 : これまでにサーバーサイドやゲーム作りの経験が豊富なエンジニアを採用させていただきました。プロダクトのニーズに合ったスペシャリストも歓迎しています。ゲーム作りに忍耐強く取り組むためにも、やっぱりゲームやものづくりが根本的に好きだという方が向いています。

4.株式会社enish様[02]【VI撮影画像データ】018_w1280×h880

― ヴィジョナリーへのメッセージをお願いします。

公文様 : ヴィジョナリーさんの紹介から入社された方はたくさんいらっしゃいます。enishの文化や、大事にしたいことをご理解いただいており、経験やスキルもマッチしているので、みなさんが即戦力として活躍されており、まだまだ伸びしろがあります。働き方や価値観は人それぞれなので会社が目指している方向とご自身の方向が一致していることはお互いにとってとても幸せなことですね。引き続きご紹介をよろしくお願いします。