グリフォン様 キーパーソンインタビュー

理念・ビジョンについて

当社はサイバーエージェントとグリーのジョイントベンチャーとして、グリーのプラットフォーム向けにゲームを戦略的に開発提供していくことを目的として設立された会社です。しかし現在ではグリーだけではなく様々なプラットフォームにゲームを提供させて頂き、たくさんのユーザー様に遊んでいただけるような会社になりました。その背景として「チャンスを見つけてグリフォンらしい戦略で挑戦する」ことが会社の文化になっているからだと思います。他社が見落としていたり、気付いていないチャンスを見つけ、「この戦略ならグリフォンとしての差別化が図れそうだ」というポイントを見い出し、どんどんチャレンジしていくことを今まで続けてきました。その中で出てきた既存のヒットタイトルはグリフォンらしさを表現していると思っています。またモノづくり観点からは、ユーザーさんに熱狂していただけるコンテンツを作る会社にしたいと社内では話しています。他社のタイトルと資金や技術で真っ向勝負するだけではなく、日本が世界に誇れるコンテンツ文化、いわゆるオタク文化をうまくモノづくりに取り入れながら、ユーザーの皆様に長く愛されるような、熱狂してもらえるようなゲームの開発を中長期的に取り組んでいきたいと思っています。

106.株式会社グリフォン様[07]【トピックス詳細】記事画像上1_w1280×h880

サービス特徴について

もの作りをただの仕事と捉えている人は少ないです。運用中タイトル、新規開発タイトル問わず「良いものを作りたい」「ユーザー様がもっと驚くような新しいタイトルを作って成果をあげたい」という想いで取り組んでいるメンバーが多いのではないでしょうか。みんなが真剣に良いコンテンツ作りと向き合っています。また流行りだけではなく、ビジネス的に成功する戦略をもってとことん中身を広げていくという思考性も強いですね。特に役員やプロデューサーなどのマネジメント層は、そういった事もチームメンバーに公言・共有することでチーム一丸となって取り組む環境作りや仲間作りを意識しています。

106.株式会社グリフォン様[08]【トピックス詳細】記事画像上2_w1280×h880

求める人物像について

プロジェクトやプロダクトに真剣に向き合える、想いを込められる仲間を求めています。なんとなく仕事だからやるという人はグリフォンの社風に合わないと思います。「ユーザーを驚かせたい」とか、「より良いものを作ってユーザー様に届けたい」という熱い気持ちがある人と一緒に仕事をさせて頂きたいです。例えば1年前に中途入社した20歳代の若いアートディレクター。優秀でマインドも良い。プロジェクトに参画した時から当事者意識が高く、プロジェクトがどういう問題を抱えていて、プロジェクトに自分はどのように貢献できるか。しっかり探して、能動的に考えて、プロジェクトにポジティブな行動をとる。若くて参画して間もなければ受動的になりがちですが、他の職種の人と連携しながらプロジェクトをより良くしたいという意欲が全面に出ていました。他にも、ベテランの業務委託エンジニア。一見すると物静かですが、その実は熱い。頼んでいないのに若手に技術指導をしたり、持ち前の高い技術力でプロジェクトが実現したいことに対して、エンジニアとして全力で答えて一緒に良いものを作ろうというスタンスでいてくれる。でも、ピシッと仕事をして定時に帰る。2人に共通しているのは、すごく能動的にプロジェクトやプロダクトの方向に向いていることで、本当に有り難い存在です。他にも同様のメンバーが沢山います。何がしたいか、何が好きか、自分たちのプロジェクトに対してどう思っているのか。これらが出てこないと逆にやりにくいですね。20歳代前半から40歳代半ばの方まで幅広く在籍していますので、年齢が違えば、バックボーンや好きなものも違うし、性格も違う。社会人歴もバラバラですが、結局はみんなでプロダクトの方に向いて「自分の経験からはこういうアプローチができる」という想いや経験をマッチングさせて建設的に話していくことこそが良いものを作っていく方法論ではないでしょうか。

106.株式会社グリフォン様[09]【トピックス詳細】記事画像上3_w1280×h880

ヴィジョナリーへのメッセージ

ヴィジョナリーさんのご紹介により入社された方がたくさんいらっしゃいますね。プロジェクトにはに新しい人の参画が必要になりますので、グリフォンの雰囲気や人に対する考え方をご理解いただいて、引き続きたくさんのご紹介をお待ちしています。

106.株式会社グリフォン様[02]【VI撮影画像データ】106_w1280×h880株式会社グリフォン
取締役 プロデューサー 本橋 直樹 様 (写真右)